スポンサーリンク

2017年10月20日

消えた街。5〜6歳の頃、顔を上げたら「ここはどこだ!?」と見知らぬ景色に驚いた話し

幼稚園児の頃から既にチャリダーで、町内をチャリでゴーゴーと走り回っていた。
町内ていうか、もっと広い範囲だったな。大きな舗装路が通った桜並木の道で、片道20分くらいの距離は走っていた。

ある日、5〜6歳のオレは大きな十字路の角で、花壇の低いブロックに腰掛けて何かを読んでいた。多分オマケ付きの駄菓子で遊んでいたのかもしれない。10分くらい下を見ていて、その後ふと顔を上げて驚いた!!「ここどこだ!?」いきなり見た事のない風景が広がっている。マジか!?
続きを読む
posted by MOTO-HAL at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記