スポンサーリンク

2016年08月25日

海外の食文化体験

10978291m.jpg

いまJ-WAVEで海外の食フェスの話しをしてて、色々思い出した。

韓国はソウルと釜山に行った事があるが、もともと韓国の食文化はキムチなどかなり日本の食文化に入り込んでいるので、それほど違和感なかった。現在の自宅の近所に韓国料理店も多いし、慣れ親しんだ感じがある。
しかし、カンジャンケジャンは食べた事がなかった。これはめちゃめちゃ美味い!!酒のつまみにもぴったり!!しかし調子に乗って食べ過ぎたら、塩分が多すぎるせいか具合が悪くなってきたw。

最近海外のアンケートで、外国人が苦手な食べ物にカンジャンケジャンが上位に入ってると知って「えー、マジか!?あんなに美味しいのになんで!?」と思ったが、半生っぽいので地元に海がなくて海産物に慣れていない地方の人とかは苦手かもしれない。日本人でも都会の人で、生物の海産物を食べれない人がいて勿体無いと思う。

台湾の杏仁ジュースには驚いた。味のエグみがものすごくて全部飲めなかった。そもそも杏仁豆腐も日本にはないちょっと変わった風味の食物だと思うが、日本で食べるデザートはちょうど日本人の口に合うようにマイルドで美味しい仕上げになってたんだなぁ。杏仁豆腐を始めて食べたのって、たしか姉が調理実習で杏仁豆腐を作って持って帰ってきた時だと思う。「なにこれ、美味しい!!面白い味がする」と思った。みつ豆に入っている寒天のスイーツかと思って口に入れたら、予想と違う味がして新鮮だった。

九份のお店で生絞り杏仁ジュースを買って飲んだら、味のエグみがものすごくて驚いた。「これはきっと何かの間違いだ!!」と思ったものだ。その時は味を日本語で表現できなかったが、最近ラジオのCMでフィンランドの飴を「まるでプラスチックを食べているような科学的なエグみのある味」と表現していて、これだ!!杏仁ジュースも「科学的なエグみがある味」だ!!と思った。で、ホテルに帰って「あの味はきっと何かの間違いだ」と思い、コンビニで紙パックの杏仁ジュースを購入してみたが、全く同じ味だったw。

香港の街頭で、ヘドロを焼く匂いがして驚いた!!
香港の街角で、日本のおやき屋さんとかたこ焼き屋さんのような軽食フードショップがあったんだが、あるお店の前を通ったら、まるで工場から出たヘドロを焼いたような科学的な臭いがしてビックリした。一体何を焼いたらこんな匂いになるのよ!?これはきっとmiwaもCMのように「焼いちゃってるんじゃないのー?」って言ってるわ。

その時は先を急いでいたので何の匂いかは確認できずにスルーしてしまったが、次回機会があったら実食に挑戦してみたいと思う。

動画で東京ウォッチング


大雨注意報。大久保の雲がぐるぐる回って召喚。


タグ:旅行 海外
posted by MOTO-HAL at 11:24 | TrackBack(0) | 飲食フード
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176608543
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック