スポンサーリンク

2016年12月08日

新日本ハウスCM 吉幾三「Dream」の歌詞考察。リフォームしたのに今日旅立つ。壮大な輪廻転生の歌だった。


新日本ハウスCM 吉幾三

新日本ハウスCM 吉幾三「Dream」は満島ひかりの大好きなCMソングだととんねるずの番組で言っていた。記憶を辿ると、最初にCMのショートVer.を作ったら好評で、後からフルVer.を作ったと聞いた気がする。

まずは、CMのショートバージョンの歌詞がちょっとつながりが苦しいなぁ、と思ってブログに書こうと思ったが、フルVer.を聞いたらその点は解消されているのだが、さらに壮大なテーマが隠されていた!!

「この街で一番素敵に暮らしたい」と言うわけで「リフォームしようよ 私 心も 夢も」となるのだが、さいごは「今日が旅立つその日」と締めくくられるのだ。えー!?リフォームしたのに引っ越しちゃうの!?なんでやねん。

少しでも高く転売するためにリフォームしたのか!?いろいろ想像が想像を呼ぶのだが、ハッと気が付いた!!これは吉幾三が送る「輪廻転生」の壮大な歌だったんだ!!

「リフォームしようよ 私 心も 夢も」は自分自身のリフォーム=輪廻転生で、生まれ育った町の我が家で今日幸せにあの世へ旅立つ歌だったんだ!!花の香りと街の香りと樹木の香りも棺桶に入れて「今日が旅立つその日」なのだ。

人間の儚さに、涙が止まりませんよー。



ここまで壮大な結末を迎えると、当初CMのショートVer.で感じた歌詞の違和感なんてどうでもよくなるが、せっかくなので一応書いておく。
住み慣れた我が家に 花の香りを添えて
優しく育った樹木香りも入れて
この街で一番素敵で暮らしたい
リフォームしようよ 新日本ハウス

2行目に「入れて」を使っているのに違和感を感じた。香りを「入れる」というのはどうもしっくりこない。本来なら「添えて」を使いたいが、既に一行目に「添えて」を使っているので、ここで2度「添えて」を使うとなんか歌詞としては不自然なので、試行錯誤の結果「入れて」になったんだろうと感じた。

解決策としては一行目を「香りを乗せて」にして二行目を「香りも添えて」にするとか手はあるなと感じた。または樹木は「香り」ではなく、「樹木みどりも入れて」と別物にしてしまえば違和感がなくなると思った。
(しかし住宅会社のCMなので「樹木香りも入れて」で木造建築をアピールしたかったとも考えることもできる)

この違和感は、フルVer.では解決されている。「香りを添えて」の表現がなくなり全て「入れて」に変えて3回重ねる事によりリズムが生まれたからだ。

まあ、この違和感も一回目に聞いた時に感じただけで、何度も聞いたら慣れてしまって今では全く違和感もない。




posted by MOTO-HAL at 18:55 | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177971101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック