スポンサーリンク

2017年01月31日

酒を減らしたら、めちゃ体調いい。風邪も引かなくなった(飲み代に消えたお金が20年で一千万円!?)

278802m.jpg

5年前から自宅でフリーランスをするようになって、酒は週末に缶ビールと缶酎ハイを3本くらいしか飲まなくなった。そしたら体調がいいこと、いいこと。以前は2か月に一回は風邪とか飲み過ぎによる逆流性食道炎で近所の医院によく世話になっていた。

最近ネットニュースで見たが、アメリカでは「飲酒は癌の主な原因」というのが常識らしい。日本では酒が癌の原因なんてあまり聞いた事がないが。

外で働いてる時は、毎週金・土・日は飲みに繰り出してバンバン飲んでたので、いつも月曜日は飲み疲れでスッキリしなかった。いつもダルい、体調悪い、眠いと言う状態。飲み代も毎月10万円近く掛かっていただろう。ちょっと安めに毎月4万円飲み代に使ったと仮定したら、年48万円にもなるのか。

そういえば社会人になってから当時周囲でもスンゲー流行っていた「慢性疲労症候群」というのにもなった。今思えばただの飲み過ぎによる「逆流性食道炎」なのだが、当時は新宿の大病院で精密検査しても原因がわからず、もしかして室内のカビが原因なのか!?と思ったり、変な占い師に「このままだとあなたは数年で死にます」とかつけこまれて金騙し取られそうになった。

症状としては、常にダルい、吐き気がする、熱っぽい、食欲がない、という症状。カラダを動かして汗をかいてだいぶ改善はできるのだが、それでもちょっと体調が悪かった。その後10年以上経って「逆流性食道炎」という事が判明。ちゃんと薬を処方してもらえばすぐ治るのだ。胃から食道にかけて炎症を起こすとかなり体力を奪われるというのがよくわかった。

結局原因は
(1)ただの飲み過ぎ
 酒量としては人並みだが、きっと酒が体質に合わないのだろう。
(2)喫煙で体がだるい
(3)社会人になって一人暮らしした事による栄養不足

といった所だろう。新社会人の頃はいつも風邪気味で熱っぽくて体がだるくて、毎日風邪薬とリポビタンDを飲んでいた。不健康だなぁ。今はもう薬は全く飲まなくなった。週末に1本ノンカフェインの栄養ドリンクを飲むくらいだ(ビタミンサプリは毎日飲んでいる)。

思い起こせば、20歳〜40歳まで毎週毎週新宿・渋谷に飲みに繰り出していたので、肝臓も胃も食道も全く休む暇がなかったんだろうなぁ。いまは人生の休肝日だよ。で、年48万円を20年間続けたと考えたら、960万円。一千万近く飲み代に消えてるwww!!

いまは缶のお酒とおつまみで毎週1000円くらいなので、月に4000円、年で4.8万円、20年なら96万円か。1/10になってる。




posted by MOTO-HAL at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178611370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック