スポンサーリンク

2017年05月29日

支那ってチャイナの事か。中華そばと支那そば


z2017_0618_0729_IMG_7008新宿.JPG

何を今更って感じで、歴史の時間に爆睡してたのがバレそうw。

支那って中国の事を指してること自体は知ってたが、チャイナ(China)のスペルを見て「あ、Chinaって支那って読めるんだ!?」といま気がついた。ググったら元々のChinaの語源が支那だという事なので、当たり前といえば当たり前か。

さっきYoutubeでビルボードにランキングした日本人特集の動画を見ていたら坂本九の「支那の夜」が1963年に最高58位にランキングしたそうで、英語で「China Night」というタイトルだったのだ。これを見て初めて気がついたのだった。



ちなみに今回ピコ太郎がビルボードにランクインしたのは、日本人としては26年ぶりの快挙だそうだ。26年前にランクインしたのは松田聖子で、これまでに6組(7曲)がランクインしてきたそうだ。

1963年 最高1位 「上を向いて歩こう」坂本九 
1963年 最高58位 「支那の夜」坂本九 
1979年 最高37位 「Kiss In The Dark」ピンクレディ
1980年 最高60位 「Computer Game/Firecracker」YMO
1981年 最高58位 「Walking On Tine Ice」オノヨーコ
1981年 最高81位 「Love Night」Yutaka
1990年 最高54位 「The Right Combination」Seiko & Donnie Wahlberg

ところで、ラーメンの事を「中華そば」というが、たしかウチのオヤジなんかは「支那そば」って言ってて、ウチのオヤジ以外には「支那そば」って言ってる人見た事ないので、地方でしか言わないのかな?

中華そばって、ちぢれ麺の醤油ベースと言うシンプルなイメージだが、この20年の豚骨ブームでもうラーメンと中華そばは全く別物になってしまったね。




posted by MOTO-HAL at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発見・調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179889280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック