スポンサーリンク

2017年10月19日

20年前の六本木GASPANICの外国人客は男は全員ホンダ勤務で女はCAしかいなかった話し

いま寝起きに、20年前の事をふと思い出した。20年前って、10代にとっては随分昔の事に感じられるだろう。当時はインターネットも普及し始めだったしスマホもなかった。しかし高度経済成長前後の昭和とは違って、平成の20年は生活水準はほとんど変わってないので、オレ的にはそれほど昔の気がしない。

20年前、Eメールは企業では使っている会社もあったが、大学は学生の希望者にメアドを配布し始めた頃。オレは早々にEメールを始めていたが、友達が誰もやっていないので世の中にはまだ送る相手がいなかったという面白い時代。

その数年後にiMacがブームになって普及するまでは学生はパソコンさえ持っていない人が多く、Eメールは大学の情報処理センターに行かないと見ることも送ることもできなかったw。高校生まで全員Eメールを持つのはその後のiモードの登場まで待つ事になる(日本で初めて爆発的に普及したSNSって、大橋巨泉がCMやってた携帯サイトのJサイドじゃないかなぁ)。

この当時の学生は、ポケベルブームからピッチブームに移行していたり、または一人暮らしを始めて友達とFAXで遊んでいた人もいたかもしれない。おたっくすなどのFAXが身近な世代のはず。

当時六本木にGASPANICというクラブがあった。近年だと、公衆トイレの横のビル丸ごとクラブっぽい建物に2012年まで入っていたが、そのクラブっぽい建物に転居するさらに前の話しだ(公衆トイレの横のビルに入ってからは、なんかフロアの作りがディスコっぽい雰囲気になって、オレ的にはつまらなくなった)。

それ以前は、公衆トイレの20〜30m手前にあるコンビニとか寿司屋がある一角のビルの1階にGASPANICが入っていた。狭くて奥に細長い物件だった。2〜3ヶ月に一回くらいのペースで遊びに行っていたのだが、もちろん2〜3ヶ月に1回くらい行ってると「オレ最近よくクラブに行くんだよね(ウソつけ)」と言う話しにもなるw。

別に洋楽が好きなわけでもなく、踊るのが好きなわけでもなく、ダンスミュージックにも詳しくはなく、DJを目指してるわけでも憧れているわけでもなかった。そんなオレに何が面白いのかというと、週末になると外国人で溢れていて、異文化っぽさが面白かったのだ。しかも1階で常にドアが開いているので入りやすかった。

狭くて奥に長いという特殊な作りのため、ディスコみたいにセンターで踊るという雰囲気にはならず(奥にはDJブースもあったが)、ナンパ目的のイケイケの日本人も少なく、バリバリ踊れる風のダンサーもいないので、なんかチープで普通の人が行きやすい雰囲気だった。海外旅行に行った時の現地のクラブの気軽な雰囲気に近い。カッコつけてないフランクな雰囲気なのだ。

そこには一人で行くわけではなく、友人に「こんな遊び場があるんだよ」「へー!!」と新鮮に驚いてもらうのが楽しかった。夕方から入って終電前には帰るので、非常に健全な遊びだった。普通のクラブって深夜零時回らないと混まないんだけど、ここはたしか夜10時以降には満員御礼だったと思う。終電前だけでも十分に雰囲気が楽しめる。

週末になると店内はトイレに行くのも大変なほどの混雑だが、みんなグラスを片手に思い思いに音楽に合わせて体を揺らしながら楽しんでいる。狭いので、隣に立っている外国人とはすぐに仲良くなるのだが、なんと不思議な事に、誰に聞いても男性は「ホンダ勤務」で女性は「スッチー(CA)」なんだよねw。

ホンダ勤務は工場に出稼ぎに来ている人なのかな?スッチーって言ってる女性もすごい美人でもなく、それほどオシャレでもなくw、どこまでホントなのかはよくわからない。

いま久しぶりにこのお店の事を思い出し、店名もすっかり忘れていたので、グーグルマップで検索したら、新しい方のビルは「LINE club」という店になっていた(2012年オープンだそうだ)。うわー、もう店の名前もわからないのか、と思って念のためMacのデスクトップを「六本木」で検索してみたら、2011年にたまたま仕事で六本木に行った時に公衆トイレ横で物流トラックのラッピング広告を撮影した写真があり、その背後に公衆トイレ横のGASPANICが写っていた。そうそう、GASPANICだよ、GASPANIC!今度はGASPANICでもう一度ネット検索してみたら、いまはGASPANICは渋谷にあるようだ。

z2012_0222-1146_DSCF9280六本木.jpg

当時、この新しい方の六本木GASPANICには2〜3回行ったが、以前のチープな店の方がよかったなぁ。気軽な雰囲気がなくなってしまい、もう行かなくなってしまった。その後就職した会社がなんと土曜も出勤の印刷会社で(いまどきありえない)毎週明け方までサービス残業して日曜の昼に帰宅したので、土曜に友人と夜遊びする機会がなくなってしまった。

数年経って土曜に遊べないストレスも溜まったので「しかたない、久しぶりに一人で遊びにいくか」と、たまたま仕事が土曜の零時に終わった日に繰り出してみた。2000年頃の話しだ。始発の時間くらいまで店にいたのだが、酔っ払ってノリノリになった豊満なイタリア系女子がフロアの真ん中で上着を脱いで豊満なオッパイを出して踊り始めた。いやあ、嬉しいハプニング。当時はtwitterもfacebookもないし、SNSに上がらなくてよかったw。

いまは六本木にGASPANICはないようなので、今は昔のお話しでした。




posted by MOTO-HAL at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181320917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック