スポンサーリンク

2013年04月22日

画像ブログ運用 まとめ

tokyo-adnavu-logo.png

その後の「東京広告なび」運用の歴史まとめ

執筆チウ

ブログやSNSの運用ワークフローを、
今後自動化し行くために問題抽出で一旦整理。


アメブロで広告ブログを執筆
  • 日本でブログブームが爆発
    • 当初は複数会社のブログサービスでアカウントを立ち上げ、アクセスアップの様子見
    • アメブロはランキング1位には100万円贈呈キャンペーン中
    • ユーザーのトラックバックの飛ばしまくりとランキングの集計処理でアメブロ激重
    • 半日掛けて執筆中のデータが保存されないトラブルもしばしば
  • マニアックでノスタルジックで親切な解説が売り
  • 友人からも面白いと好評価


ブログのアクセス数は上がったが、労力がハンパなく、仕事で忙しい時は無理。
  • 執筆に24時間とか掛かる
    • 毎週土日は徹夜で楽しく執筆
    • ジャンルランキングが上位〜50位代にアップ
    • しかし労力がハンパなく、仕事で忙しい時は無理
  • 対策として、ブログのコンセプトを変える。広告画像紹介ブログに推移

フォト蔵の月別アルバムを毎月報告(月イチ作業)
  • 毎月写真のセレクトとhtml作業がエラい労力に
  • 月の投稿容量に制限があるのでフォトショップのバッヂ処理で画像サイズ一括圧縮
    • カメラが壊れていて写真が全部暗くなるので、当初は1000枚の画像補正も欠かせなかった
  • 大量画像紹介でビッグデータのWEB2.0っぽいが、実は家内制手工業0.2
    • フォト蔵は一度に100枚画像をアップ出来る
    • SEO対策で説明文に、リンクを入れている
    • タグは一括入力可能だが、説明文は100回コピペ
  • 広告画像にキャプションを付けるのも超大変
  • どんどん投稿が遅くなり、月初の投稿が困難に
  • ジャンルランキングがどんどん下がる


広告紹介コンテンツをシリーズ化
  • フォト蔵の月別アルバムを毎月報告(月イチ作業)
    • 当初は毎月写真のセレクトとhtmlがエラい労力だった
      • タグ100個手作業コピペ問題は、Chromeの機能拡張「Autofill」で解決
      • もう画像一覧さえやめて、その月の代表写真1枚だけ紹介
    • フォト蔵のタグ検索へリンク。主要駅毎の広告媒体画像検索結果に飛ばす
      • PCからは複数タグ検索可能で便利。ex:月と駅の抽出が可能「2月の東京駅の広告」
      • 日本語タグは文字化けして外部からは検索不可能
      • スマホからは複数タグ検索が出来ず、ページが真っ白になる
    • 見て終わるだけのブログより、活用出来る方がアクセス数が上がるはず
    • 当初は、駅別画像一覧はBlogeerで実験
      • Blogeerのタイルが流れてくる動的処理が格好良かったので実験に採用
      • facebookアプリでiframe表示でBlogeerを引っ張る実験をしたり
      • tumblrにもiframe表示でBlogeerを引っ張る実験をしていた
      • しかし画像をPicasaにアップし直してBloggerにも投稿する工程が増えてスゴい手間
      • なので、フォト蔵のタグ検索にリンクで飛ばすだけという簡易な方式に変えた
  • 5年前の広告を毎週更新(自動投稿のセットアップ)
    • 半期分を一括セットアップ。
    • 画像をフォト蔵のAPIで一括取得しているが、5000枚越えたらブラウザが動かなくなった
      • 写真を外部のブログに貼る > スタンドタイプ を利用
      • 参考:http://roku000.com/tools/photozou_srcgen/
      • 一度作業用のブログに貼付けて実行、画像を取得(めちゃ重い)
      • JavaScriptの実行結果として大量の画像一覧が表示されたら、
        コピペでDreamweaverに持って行く。
        このコピペが1000枚越えたあたりから不可になる。
    • 5年前のアルバムは枚数が少ないので、現状の方法で対応可能。
    • 5年後はどうやってフォト蔵の画像一覧を取得するかが課題。
    • アルバムを1000〜2500枚毎に分割するという手もある
    • コストを考えると、割り切って前半の1000〜2500枚取得で済ませるべき
    • <後日談>
    • そもそもブログに貼付けて実行とか、サーバーにアップして実行とかの作業が必要なかった。
    • デスクトップでhtmlをそのままブラウザにドラッグして、JavaScriptを実行して画像を取得
    • Ghoogle Chromeは、表示>開発/管理>JavaScriptコンソールで実行結果を取得できるので、
      画像リンクの入ったhtmlをコピペして終了。
    • Dreamweaverとかmiは検索・置換加工の処理が重いが、TextWranglerなら瞬速。
    • これで問題が解決した。
    • <後日談2>
    • しかしやはり5000枚越えは途中でブラウザが無反応になって止まってしまう。
    • "Chrome"、"Safari"、"Firefox"全部ダメ。軽くて早いブラウザを探して世界中を駆ける。
    • "iCab"を試したら、5000枚越えも取得できた。htmlの取得は ツール>Webインスペクタから
    • コピペできる。
  • 今週の旬な海外の屋外広告(ネットで検索収集してtumblrにまとめてから投稿)
    • Tumblrのアーカイブモザイクよりコピペして、Dreamweaverで画像とリンクを取得
    • Dreamweaverで正規表現を活用した検索・置換でhtmlを加工・成形
    • Tumbleの画像サイズは"_75sq.jpg"と"_500.jpg"を使用。
    • Thudit、twiphoでtwitter画像検索、ページタブをガンガン開く
    • ページタブの各URLをChromeの機能拡張「Copy All Urls」で一括コピー
    • URLをG-mailのTODOに貼付け、クラウドで一括管理
    • ブックマークレットでtumblrに投稿(tweet文中に"<3"が含まれていると取得が乱れる)
    • データベースとしては元ユーザーのtwitterの投稿日時取得は必須
    • tumblrにタグ付け作業。現状では年度、月、アメブロ投稿日、のレベル
    • メガエディターで一括タグ付け可能
    • tumblrは現状では複数タグ検索ができない。将来に期待
    • tumblrの記事はURLが長過ぎて、たくさんリンク貼るとアメブロの文字制限をすぐ超過する
  • 今週の一枚
    • 極力時間を取られないように、画像ミニブログのノリで毎週一枚ユニークな画像を紹介


twitterの登場
twitterに投稿する事で、画像にキャプションを付ける事になり、検索インデックスとなる
平日は9時〜24時まで毎時間事に自動ツイート(Hoot Suite)
  • 予約投稿セットアップ
  • 便利なカレンダーからの予約投稿が無料サービスの範囲で可能。スケジュール一覧>過去の投稿 で未来のカレンダーから一回こっきりなら入力だけ可能(別の画面に移動したら再表示出来ない)。後から編集するためには「送信予定」のリスト表示からやるしかない(有料サービスならカレンダーの再表示可能)。


毎日のまとめブログサービス利用
  • 当初はシーサーブログを使っていた
    • ただし、画像リンクの画像が表示されないので、毎日の後編集で画像を後付け
    • これがまた結構な手間で、忙しいとすぐ貯まっていく
  • 1年以上してから、画像を自動で表示出来るサービスを探す
  • Gooブログが対応していると判明する
  • しかし実験しても画像は表示されない
  • 画像のアクセス解析を取得するために、Hootsuiteの短縮URLを使っているのがNGだった
  • フォト蔵の生URLなら画像が表示された。ちょい画像が小さい。

土日は海外の屋外広告(Billboard)を自動ツイート
  • Thudit、twiphoでtwitter画像検索、投稿をRTでセット。
  • 非公式RTによって、SEO対策となる。
  • URLは短縮ではなくオリジナルにしないと各所で画像表示が出なくなってしまう。
  • 非公式RTを簡単に取得するために、Hootsuiteの検索機能を活用
  • Hootsuiteの検索機能は、URLや冒頭に#や@があると検索不能な事が多い

動画で東京ウォッチング


電車運転士の気分で新大久保


posted by MOTO-HAL at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Webサービス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65286507

この記事へのトラックバック